コロナ対策今月のお得メニュー

ワンコが腸炎に。その時の星の配置。

◆ 占星術

8日の木曜日の朝、ワンコの様子がとっても変だった。

いつもは、ご飯の場所に、飛んでいくような感じなのに、その日は、お部屋から出てこない。

一応、ご飯は食べたのだが、全て吐いてしまう状態。

ウンチは下痢状態で、お水を飲んでも吐いてしまう。

 

これは、なんだかマズイ!

そう、感じて病院へ連れて行き、血液検査やらレントゲンやら色々検査してもらった結果、腸炎との診断が。

犬は100%人間と同じ。

食べ物や寒さなどで、体調壊すからね。

12歳の高齢犬だから特に注意してあげてね。

と、先生より注意を受けました。

 

そうか~人間と同じなのか・・・

だったら、星の影響も人間と同じように受けるのかしら?

ちょっと興味が湧きまして調べてみる事に。

 

image465

 

ワンコの生まれた時の火星に、移動していた月がドンピシャで対角に。

を司る星。

火星痛み炎症を示します。

対角は凶作用を促します。

そして、火星と天王星が重なってる

この配置は、健康に悪影響をもたらします。

月と天王星も重なっていますね。

天王星自律神経を司っています。

月の腸を天王星の自律神経が刺激している形になっている。

凶星と言われている火星と天王星が、月を刺激し合い、腸炎なんてのになったのでしょうかね~

 

前の日までピンピンして飛びはねてたのに・・・

12歳の高齢犬になると、色んな問題が出て来るもんだね。

注意せねば~(>_<)

 

コメント