コロナ対策今月のお得メニュー

股関節周りが痛い時のストレッチ

◆ セルフ整体・矯正

ゴールデンウィークが終わった水曜日

体調はいかがですか?

 

休養をとって体力バッチリの方、反対に、休みをフルに活動し疲れている方。

どちらにしろ、長期の休み後、テンション上げるの結構大変ですよね。

そして、疲れなどで気持ちが弛むと、身体も連動して弛んできます。

弛んだ筋肉は骨をしっかりと支えられないので、身体が歪んできます。

背中は丸まりやすくなり、アゴが前に出て、骨盤は開き大転子(脚の付け根)は横に飛び出してきます。

 

美的にも綺麗ではないし、痛みも出てくる場合があります。

歪み弛んだ体は、身体の重みが外にかかるので、股関節周りに痛みが出やすくなります。

 

そんな場合のストレッチ、骨盤を締めて痛みを取る方法。

①うつ伏せになります

②片方の足をカエルのように、脇腹に寄せるように引き揚げます

③引き寄せたら、鼻から息を吸い、お腹を膨らませます

④鼻から息を吐きながら、お腹をへこませます

⑤息を吐いている時、膝で床を強く押します。

*お尻も下げて、足首が浮くくらい強めに押します

⑥片方で、5回。両方行います

 

ヒップアップにも効果的なので、痛みがない時でもするといいですよ。

わたしは、子供につき合わされ、身も心もクタクタだったので、弛んでジンワリ痛い腰回りを癒し、引き締めるべく、今朝、致しました。

外に広がった骨盤が内側に締まってくると、気持ちも締まってやる気が出てきます。

ぜひ、試してみてください。

そして、五月の「なんとなく怠い」を一緒に乗り越えましょう。