コロナ対策今月のお得メニュー

金運アップの手相のつくり方

◆ 手相

手相で金運を観る所は小指の下の

財運線!

 

ここでは、現在の経済状態がわかります。

 

image506

 

切れ切れの財運線は入ってきても出ていく状態。

お金が回転していて、なかなか蓄財出来ません。

蛇行している財運線は、収入が不安定な状態です。

 

さてさて、こんな困った財運線。

ビシッとした線に変えて、バッチリの金運に変えたいもの。

ということで、金運のいい手相のつくり方です!

 

お金の悩みがあると、「首が回らない」という表現をしますよね。

悩みやストレス・不安があると、肩がグ~ッと上がる様に締まってきます。

肩甲骨や鎖骨周りの筋肉が硬くなるのです。

言葉通り本当に首が回らなくなり、金運が低下してきます。

ほぐさねば!

 

ということで、固まった鎖骨周りをほぐす、金運アップの体操です。

手を胸の高さに持ちあげ、指先を向かい合わせにします。

そして、高さをキープして、横に水平に引き、開閉を繰り返します。

固まって動きの悪い、鎖骨と肩甲骨がほぐれてきますよ。

 

そして、財布の状態も重要です。

財布がレシートやポイントカードでパンパンになってるのはNG。

スッキリ綺麗な財布が金運を引き寄せます。

 

そして、ヨレヨレの財布は、買い換えましょうね。

買い替えでお勧めなのが、天赦日の寅の日

天赦日とは、百神が天に昇り、天が万物の罪をゆるす日。

大吉の日なのです!

そして、寅は、虎の子という表現がある様に、お金や大事なものと深い関係があります。

財布の新調をお考えの方、是非、この日を狙ってみて下さいな。

今から一番近い日は、3月3日のひな祭りの日です。

 

よし!

ここ数年買って無いので、今年は私も財布買い換えよう!

 

コメント