コロナ対策今月のお得メニュー

ガン・腫瘍に注意のホロスコープ

◆ 占星術

知人に、大腸のポリープ切除や癌の手術をした人がいます。

初期だったので回復も早く、お仕事も普通になさってらっしゃるのですが、今年、肝硬変がみつかり、食生活を改善しなくてはいけないとのこと。

営業のお仕事なのと、元々、社交的な方ので、外食や飲み会が多く、食生活のコントロールが難しかったとは思いますが・・・

これからは、気合を入れて生活の改善をしてもらいたいと願うばかりなり。

 

その方のホロスコープです。

 

 

健康運とくに病気をチェックする場合のメインは6ハウス。

6ハウスのカプスは魚座 で、土星 があります。

土星がこの場所にあると、健康には凶作用をもたらしす。

魚座は足とリンパ系を司っています

食生活の乱れは、足に悪影響を与え、関節炎やリウマチ、痛風などを引き起こします。

あの方、痛風も出てましたね

リンパ系の弱さは、免疫力の低下を引き起こしますので、癌などに要注意の命となります。

 

そして病気と関連する12ハウスの冥王星 と天王星 から、180°でハードアスペクトですので、魚座の土星に凶作用が加わります。

天王星は突然変異を、冥王星は腫瘍などにかかわる星です。

免疫力の低下に、細胞の突然変異と腫瘍が絡んでいるのですから、ほんと気をつけなくてはいけない命式です。

 

体質を示す、1ハウスのカプスASCと太陽 、水星 が、月 と90°のスクエア。

これは、体質の弱さ、ストレスを感じやすい方であることを示します。

1ハウスは天秤座 です。

天秤座のルーラーは金星で2ハウスに入っており、エネルギーの火星 とコンジャクションですので、先天的なエネルギーはあることを示しています。

しかし、ストレスの弱さが表に出てくると、もってるエネルギーが上手く活用されなくなるでしょう。

天秤座はホメオスタシス(生体恒常性)と腎機能を司っています

ホメオスタシス(生体恒常性)は自律神経、ホルモン分泌、免疫で成り立っています。

ホメオスタシスが正常に機能していれば、健康を維持できるでしょうが、ホメオスタシスはストレスに弱く、乱れるとエネルギーを上手く使う事が出来ず、体調が崩れてしまうでしょう。

また、腎機能は弱ると老廃物が排出されずらくなり、健康被害が出てきます。

 

ストレス発散や生活のリズムを整えることを、かなり意識したほうがよい命式です。

 

 

コメント