不安感で一杯になった時

◆ からだ風水

不安感や恐れ、悲しみなどの感情になるとき、首をすくめ、背中が丸まり、胸やお腹を守るような姿勢に無意識になりますよね。

 

私たちの脳は、その筋肉の状態と感情をリンクさせて記憶しています。

優秀であります!

 

しかし、その優秀さが、困ったことを引き起こすことがあります。

特別、トラブルや危険を感じる状況や出来事があるわけでもないのに、先の姿勢をしているだけで、漠然とした不安感を感じるようになります。

脳の記憶が、発動されちゃうんですよね~

 

この不安感の発動も、一時的なものならいいのですが、常時、この状態が続くと

  • いつも落ち着かない
  • 何かしないといけない気がする
  • 何かに追われているような感覚

そんな感情を抱えることになります。

 

こんな感情、感覚が蓄積されていくと、電車やエレベーターの中などで恐怖が襲ってきて
パニック症状が起きたり、慢性的な疲労感やうつ病になる可能性があります。

一度、うつ病やパニック症候群などになると、ほんと、大変なんですよ!

うつ病になったことがある私が言うのですから間違いありません!

ですので、大変な思いをしないためにも、脳からの発動指令を出させないようにしないとね!

 

では、その方法です。

不安や恐怖を感じているからだはこんな感じになってます。

 

 

  • 首をすくめ
  • 背中が丸まり
  • 胸やお腹を守るような姿勢

 

猫背で胸が緊張し、骨盤が後ろに傾き、尾骨が内側に入ってる状態。

尻尾を巻いて逃げるという言葉のように、ビビッてる姿勢です。

 

この姿勢のポイントは、骨盤と腰骨の繋ぎ目の所。

骨盤が傾いているので、腰骨の所が下に引っ張られ、緊張が起きます。

 

本来、骨盤が整っていると

 

 

腰骨に余裕が出来、その影響で背骨全体に、余裕が出来てくるのです。

なので、骨盤と背骨の境を緩めましょう~

 

【ゆるめ方】

 

①仰向けに寝て膝をたてます。

②足を肩幅に開きます。

③腰をグーッと持ち上げ、ストンと落とします。

これを10~20回くり返す。

 

それ、プラス、猫背直しのストレッチも組み合わせて下さい。

【猫背直し動画】

YouTube

 

コメント