背骨のココが歪むと依存心が強くなる

◆ セルフ整体・矯正

気力が落ちて来てくると、自分の足で立ち、自力で生きていくことに自信が無くなります。

 

誰かに頼りたい・・・

支えてほしい・・・

助けて欲しい・・・

と、無意識に願っちゃいますよね。

 

私はバリバリ依存心が強いので、油断するとムクムクとそんな思いが沸いてきます。

そんな時、自分の姿を鏡で見るとみぞおち辺りから体が曲がっています。

 

image549

こんな姿ですね。

はぁ~~~~

って、タメ息ついてそうな姿ですよね。

 

みぞおち辺りの背骨は、胸椎11番12番、腰椎1番2番です。

 

image547

 

ここは、に関係がある場所です。

 

image548

 

腎は精の貯蔵庫です。

精は生命エネルギー。

生命エネルギーの減少は、老化を早めます。

腰や膝の怠るさや痛み、耳鳴、難聴、脱毛、生殖器の異常、気力も落ちてきます。

老化が進み、体力に自信が無くなると、誰かに助けて欲しくなりますよね。

 

しかし、可能な限り自分の人生、自分の足で歩んで行きたいと思いませんか!?

人の背中に乗っかるのでは無く!

その為には、みぞおち辺りを伸ばし、腎の機能を高め、精力アップしなくてはですね。

 

みぞおちの伸ばし方ですが、自分でできる簡単な方法があります。

 

背中の痛みが寝るだけでとれる

 

ウエストも締まるし、バストも上を向きますよ。

ぜひ、なさってくださいな。

 

コメント