ミッドポイント業病軸に太陽が・・・

◆ ちがう占術での考察

ミッドポイント(ハーフサム)とは、Aの星とBの星の中間の場所は、Aの星とBの星の作用を混ぜ合わせた指標があらわれるというものです。

そのミッドポイントに出生の星がある場合、その星は人生の中で重要な指標となる事があります。

また、移動中の星がそのポイントに来たとき、そのミッドポイントの指標に刺激を与え、動きをもたらします。

 

そのミッドポイントで、業病軸という、なんともオドロオドロイ(?)ポイントがあります。

海王星 とドラゴンヘッド のミッドポイントです。

 

業病とは?

前世の悪業の報いによって起こるとされた、治りにくい病気。

なんてのが、辞書で調べましたらのってました。

 

わたしの出生図では、この業病軸に健康運があらわれる太陽 と月 があります。

わたし前世でなにか悪い行いをしたのでしょうか・・・

 

 

そのせいもあるのか、トランジットの太陽が出生図に太陽に戻ってくる誕生日前後に、エネルギーがダウンする自覚症状があります。

以前は、毎年のようにこの頃、風邪で寝込んでいました。

でも、そのパターンを理解し、前もって対処するようにしたら、ひかなくなりましたが。

 

同じような指標は、紫微斗数にも表れています。

 

化科(C)病気を示します。

自化科→Cがとても多い、わたしの命式ですので、健康運は要注意です。

その健康運に関しての隠れた原因を調べるために、自化平衡をつかってみます。

Cの同組であるBからBを飛星させますと、田宅宮に入ります。

田宅宮は、ご先祖に関連する宮です。

私の健康運の弱さは、ご先祖に原因があると読み取れます。

 

前世とご先祖、厳密には違いますが、なんとなく似た指標です。

 

難病や慢性的な病気は、今のところ患ってはいませんが、今後も免れるとは限りませんし、昨年、子宮と卵巣の疾患が見つかり、全摘出手術したばかりですので、気をつけねばいけませんね!

また、先祖供養と陰徳を積んでいく行動、私の健康運には大切な事のようです。

 

コメント