コロナ対策今月のお得メニュー

冲の相性には支合を活用

◆ 四柱推命

image37

子丑寅卯などの十二支

向かい合った関係をといいまして、争いや不調和がおきやすくなります

ですので、結婚相手などには、この冲の相手は可能な限り、選ばないほうが良いと言われています。

6歳離れている相手ということですね。

 

そして、これは親子関係にも言えるのです。

できれば、自分の干支の反対の年に出産は控えたほうが良いと思うのですが、そうはいっても、子供は神様からの授かりもの。

冲の関係だろうがどうだろが有難いものです。

しかし、せっかく授かった子供とは、仲良くしていきたいもの。

それを、援助してくれるのが支合です。

image38

 

上記の図で線で結ばれている干支ですね。

この干支どうしは、仲が良いのです。

そして、冲の関係より、この支合の方が優先されます。

 

例えば、私と我が娘は酉と卯で、まさに、この冲の関係なので、不調和を起こしやすい関係となります。

ケンカやキツイ言葉を投げかけられる・・・

相手の思考についていけない・・・

なんてことが起こりがち・・・

そんな不和トラブルを緩和するものとして、、またはを使うといいんですね。

 

これは、私が持ってる龍のグッズ

image18

子供が生まれたころ、まだ、この冲や合は知らなかったのですが、なぜか無意識に集め始めたものです。

そして、我が子が欲しがって飼い始めたワンコ。

image19

子供が、つけた名前が『龍』

龍と戌がドッキングです!

どんだけ、親子して無意識の守りの意識が強いんだか。

お互いに、

この親は・・・
この子は・・・

って、無意識に感じてたのでしょうか(^_^;)

 

コメント