向上線が二又は気が多い相

◆ 手相

私の憧れの人物像は、自分の志した道を極めていく職人気質。

しかし その憧れの世界は程遠く・・・

それは、なぜなのか?

言い訳ではないのですが、きっと、生まれの月のせいだと思うのです!

西洋占星術でみる、私の月は双子座。

知的好奇心が強く、あらゆることに関心が向いて、知識を収集します。

しかし、あっちこっちに興味が移るので、一つのことを深く極めていくというより、広く浅くの知識になりがち。

これよ!これ!!このせいよ!!!

と、同じ月を持っている友達と、「 しょうがないよね~ 」と話しながら慰めあっています。

 

おまけに、というか、だからというべきか!?

 

kibo-mata

 

人差し指の下、木星丘に出る向上線が上記のようなフォーク型の線は、目的が二つ、または、それ以上あり、色んな事に手を出す氣の多い人を示します。

 

はぁ~~これよこれ。

バッチリあるんです。

なぜ、憧れの世界はあるのに、その世界に入ってゆけぬのか!?

たま~~~に、起こる内なる葛藤。

そして、自分に言い訳するように、自分の手の平をみつめるのです。

 

コメント