DRESSに、“恋の終わり”が近づいている手相10選をアップ

上皇后美智子さま、乳がんに注意の星の配置です

┣ 占星術

本日、上皇后美智子さまの、乳がん手術が行われましたね。

ステージ1という早期とのことなので、心配ないと思いますが、ご高齢での手術ですので、体力などの面など少し心配です。

お早いご回復を、心よりお祈り申し上げます。

 

乳がんを示す星が、美智子さまのホロスコープにあるか、気になりまして、拝見してみました。

 

 = 蟹座
 = 蠍座
   = 太陽
   = 木星
   = 天王星
   = 冥王星

 

乳がんに深く関わる星座は、蟹座です。

体質を示す1ハウスの星座は蠍座で、そのルーラーである冥王星は蟹座に入ってます。

冥王星は、悪性腫瘍に関連している星ですが、蟹座に入ってるだけで、乳がんを示しているわけではありません。

他の星とのアスペクトなど見ていく必要があります。

蟹座の冥王星は、病気に関連する12ハウスにある木星、太陽に90°で、健康の部屋6ハウスに入ってる天王星とTスクエアを作っています。

木星は、胸部を司り、細胞の発達と再生、悪い働き方をすると、細胞の病的な変異をもたらします。

乳がんの可能性、強い配置ですね。

 

そして、現在のトランジット

 

 

手術は、火星天王星が関わってることがおおいのですが、進行中の6ハウスの天王星が、乳がんの一角を担ってる、木星に180°です。

また、トランジットの天王星が、ネイタルの火星に120°で、外科的手術の可能性を示していますね。

 

でも、早期発見で本当に良かったです。

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019 ななみ かんだ

コメント