Webメディア「DRESS」に【影響線】の手相記事アップ

怠い~眠い~

┣ 開運ボディのつくり方

 

春の今の時期

体が怠い・・・

眠くて起きるのがツライ・・・

このような症状が
出やすくなります。

 

冬は寒さを乗り越えるため
栄養を溜め込みます。

春になり、その溜め込んで
使われずに余った栄養分は
体にとって毒となります。

体に溜まった毒素は
邪気であり

貧乏神の好物!

毒素を体に抱えたままですと
貧乏神に住みつかれちゃいます。

その為すみやかに体から
毒素を追い出さねばと
解毒に頑張っているのです。

 

解毒の役割は肝臓。

肝臓はフル回転で
解毒に頑張っているので

肝臓が働きやすいよう
充分な休養と睡眠を
体が要求しているのです。

 

そんな時、睡眠不足や
忙しく動いていると
体がムリヤリ休ませようと

体を重く感じさせ
眠らせようとするので

重ダルイ~
眠い~

って、なるんですよね。

 

ですので、
早くこの症状から抜けるために

 

肝臓を労わり活性化させましょう

①夜更かしをしない

内臓にはそれぞれ時間があります。

肝臓の担当時間は
午前1時から午前3時に
バリバリ働きます。

ですので、この時間は
肝臓が働きやすいよう
体を休ませてあげることが大切。

12時前には
お布団に入りましょうね。

 

③肝臓を温める

温めると血行が良くなり
肝臓への血流量が増え
肝臓の働きが高まります。

基礎代謝量も上がるので
ダイエットにも効果的♪

 

④肝臓に負担をかけない食事

アルコールや油分の多いもの
添加物の多いものは避け
緑黄色野菜などを多く摂りましょう。

 

⑤ タウリンが豊富なものを食べる

  • 牡蠣
  • アサリ
  • しじみ
  • イカ

などに多く含まれています。

今、旬なので
栄養素も豊富です。

しじみはオルニチンも豊富で
肝臓にバッチリですね。

お味噌汁美味しいですよね。

 

 

⑥ひまし油湿布

解毒効果の高い
ひまし油湿布もおススメ。

私はこの時期よくします。

疲れが抜けるのがわかるし
とっても気持ちが良いのです。

(方法)

ひまし油①

サランラップの上にネルを引きます。

ひまし油②

ネルの上に、ひまし油を垂らし

ひまし油③

それを温熱ヒーターで温めて
右の肋骨の下部に
約1時間当てましょう。

 

横になりリラックスしましょう。

 

貧乏神に居座られないために
肝臓さんに頑張って頂きましょう。

そのために肝臓には
優しくしましょうね。

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017 ななみ かんだ

コメント