【サターンリターン】小室哲哉さんのホロスコープ

◆ 占星術

なぜか、この時期は、私、冬眠状態になるようで・・・

毎年、ブログのアップ率が下がってしまう。

九州出身だから、寒さで活動低下するからでしょうかね~

なんて、言い訳をダラダラとして申し訳ありません。

そして、久々に、気になった方の出生図を拝見。

 

先週、引退宣言をなさった小室哲哉さん。

出生図を拝見させて頂きました。

 

 

やっぱり、そうなんだ~

って、星の配置をお持ちです。

 

転職を示すMCが水瓶座=その主星が天王星 で、3ハウスに入ってます。

3ハウスはマスコミや言葉、表現に関する場所です。

また、天王星は、新しい革新的なこと、時代の流れを示す天才的な星。

一時代を作った才能、さもありなんって感じです。

 

音楽での才能を発揮される方は、月= と 金星= がポイント。

小室さんは月が出生時に、地平線を昇ろうとする位置にあり、金星が仕事の部屋6ハウスから月と、先ほどのマスコミに関する天王星に関わってます。

また、創造性の部屋、5ハウスにクリエイティブな星、海王星が入っています。

時代をキャッチする能力、ホントお持ちの方なのですね~

 

また、お金の使い方は、乗ってて、自信があるときは行きすぎと言われるくらい、気前がよくなるタイプ。

度を超すと、金銭的に無理をしすぎる傾向。

詐欺事件の時に、色々いわれていた姿に重なりますね。

 

現在、試練や困難をもたらす、土星がパートナーとの関係の部屋、7ハウスを移動中です。

 

8月ごろから介護と仕事の、両立の中で悩み引退を考えたと、記者会見でおっしゃってましたが、その頃、彼はサターンリターンの時期でした。

試練をもたらす土星が、出生時の7ハウスにある土星に、移動中の土星が戻って来る時。

出生時の7ハウス土星は、パートナーシップとの学びを課題として出します。

否応なく、パートナーとの関わりに意識を向けさせられるのです。

そのことから逃げず、向き合うことで成長がもたらされますが、土星って重石のように乗っかる感じの星なので、試練や重圧をもたらします。

頭の上に暗雲が乗っかってる感じ。

 

ソーラーリターンの影響期間は2~3年間。

その間は、なかなか物事が思うようにならなかったり、トラブル起きたり重圧がかかりますが、起きてる事から逃げず向き合い、自分自身を見つめなおし、乗り越えていくことで、その後の人生が変わります。

 

小室さんは、介護の問題なども絡んでますので、本当に大変だと思います。

土星がもたらすこの試練、小室さんが乗り越えていけますよう願っています。

 

コメント