地震のホロスコープと新月・満月

◆ 占星術

2月13日23:08の地震は、震源地や揺れの強さなどから、東日本大震災を思い出し、緊張いたしました。

幸い、津波もなく一安心でしたが

家族とも

非難袋など再チェックしよう!

ベッドの近くに靴置かなきゃ!

なんて話しながら、夜中ゴソゴソ動いておりました。

 

色んな方も書いているとは思いますが、地震のホロスコープで、多少なりとも地震予知に活用できないか、検証してみました。

記憶に新しい地震を見ていると、地震前の新月や満月は要チェックなのかと思います。

 

阪神淡路大震災

地震は、満月の約20分後に起きました。

ですので、ほぼ同じ形。

地震の象意を示す天王星 が、太陽 にコンジャクション、月 にオポジション。

崩壊の象意を示す冥王星 が、土地を示す4ハウス牡羊座のルーラーであり、災害を示す火星 にスクエア。

東日本大震災

直前の新月は、崩壊・破壊の冥王星 が1ハウスであり、水の星座である魚座に起きてるステリウムの星々にアスペクトしています。

冥王星がかなり重要で強力な配置です。

冥王星は原子力も象徴します。

 

震災時のホロスコープでは、死の象意を示す8ハウスにステリウム。

そのステリウムに、新月で強調されてた冥王星がアスペクトを作っています。

また、水の象意である海王星 が、大衆を示す月 にスクエアで、凶作用を示します。

これがあれほどの津波被害をもたらしたのでしょうか。

熊本地震

熊本地震の前の新月では、太陽 と月 に、地震の象意である天王星 がコンジャクション。

その太陽・月・天王星に破壊の冥王星 がスクエアで凶意を示しています。

困難・抑圧を示す土星 とエネルギーの火星 がコンジャクションし、拡大の木星 と土地を示す4ハウスの海王星 とTスクエア。

圧縮されたエネルギーが、暴発する感じですね。

 

地震の時は、土星・火星・木星・海王星のTスクエアはそのまま形成されてます。

地震を示す天王星 と太陽 、土地を示す4ハウスのルーラー金星 に、破壊の冥王星 がスクエアです。

 

 

今回は、3つしか検証してませんが、冥王星、天王星、ときに海王星の外惑星が、かなり影響している感じです。

2月13日の地震の前日12日は新月でした。

この時の配置も、ハードです。

 

地震の象意である天王星 、災害を示す火星 それぞれが、水瓶座 のステリウムの星にスクエアです。

天王星も火星も、土地を示す4ハウスですので、要注意の新月でした。

 

 

さてしかし、自然の巨大な力の前に、危険を感じたとして

いったい何ができるか!?

いま浮かぶのは、個人でできることとして、水や食料などの備蓄や、家具などが倒れないように地震対策をするということ。

そして、家族との打ち合わせや、行動の趣味レーションでしょうか。

 

コメント