【満月】11月12日 22:34

今度の満月の日に六芒星が出来る!

┣ 新月・満月

以前のブログにも書いたことがありますが、月の動きにとても敏感な方っていらっしゃいます。

 

ルナタイプの人は月の影響を受けやすい
満月や新月 進行の月 それらの影響を 他の人より 受けやすい人がいます。 その人たちは ルナタイプ! 出生図の中で 月が重要なポイントにある人。 どんなポイントかと言いますと...

 

このような方は、新月や満月の時、心や体が敏感に反応することが多いようです。

私も、月が4ハウスのアングル・ハウスに入っているので、多少敏感なはずなのですが

 

お客様
わたし

鈍いのか、イマイチ感じません

ですので、気が付くと

お客様
わたし

新月や満月が過ぎてる・・・

と、いう事が多々あります。

占星術を使ってるものとして、いかがなものかと感じることもあります。

で、案の定、この前の新月も、今頃、チェックしたら、案の定、終わっておりました。

 

お客様
わたし

よし、じゃあ、次の満月をチェックしておこう

と、気持を切り替えまして、満月の星の配置を見ておりましたら

お客様
わたし

もしや!これは!?

わたしの出生図と満月図で六芒星が出来るのです!

 

内円がわたしの出生図。

外円が満月時の星の配置。

 

ちょっと、分かりずらいですね。

分解し、合体させますね。

満月図がコチラ

 

この図にわたしの星を加えますと

 

 

こうなって、六芒星が発生しております。

六芒星は、とても吉性が強く、ものごとが順調に進む幸運な複合アスペクト。

 

今回の満月図だけでも、個性的な複合アスペクトが出来ています。

太陽と月の180°をベースに60°と120°の調和座が組み合わさったクレイドルが出来ています。

  • 相反する要素を調和的に納める
  • 加護や助けが得られる

そんな働きがあります。

 

この前の新月は、さそり座の太陽と月に変化・変革の天王星がタイトな180°

 

友達

なんだか、このままでは、いけない気がする・・・

と、思う部分が合ったら、自ら勇気をもって変えていきましょう。

そういった、作業すすめていけば、満月のクレイドルで、良い状態に変化し治まっていくという流れでしょうか!?

 

そんな時に、わたしの出生図で出来る幸運を示す六芒星!

お客様
わたし

楽しみだな~

でも、幸運って、やることやってなきゃ得るものがないまま、過ぎ去っていくことが、よくあります。

思考や行動を見直して、変えるべきところは変え、いらないものは捨て、自分の周りを整えて、満月を迎えたいと思います。

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019 ななみ かんだ

コメント