風草花で行ってるコロナ・ウィルス対策

槇原敬之さん 繊細さゆえの現実逃避(ドラッグ)

┣ 有名人

槇原敬之さん、薬物での2回目の逮捕となってしまいましたね。

薬物などに関わりやすい星の配置は、海王星が悪さをしやすい位置にあることが多い。

沢尻エリカさんもそうでしたが、槇原さんもやはり海王星が要注意のホロスコープでした。

 

沢尻エリカさん、くすりの弊害が出やすいホロスコープ
沢尻エリカさんが合成麻薬MDMAで逮捕されたというニュースは、ちょっとビックリしました。 大河ドラマの濃姫役は、イメージが合ってると思ってたので残念です。 沢尻エリカさんのホロスコープに、薬に要注意の印が出ていたのか気に...

 

= 太陽
= 海王星

薬物、ドラッグの弊害は、海王星が主にかかわります。

 

槇原さんは、海王星と太陽が180°の凶角。

他者から成功者に見えてても、自己評価が低くなりがちな配置で、本人の中で自分の能力や成功に対して葛藤を抱えることがあるようです。

自我の防衛本能が弱く周囲の感情に敏感

繊細で傷つきやすいので、お酒やドラッグなどを使って現実から逃避しようとする傾向。

 

しかし、この太陽と海王星は、カイトの中のオポジションです。

太陽とASC、木星、天王星、冥王星からつくられる幸運の大三角形グランドトリンを有効活用でき、クリエイティブな分野で才能を発揮し、高い評価を得て活躍できる配置です。

 

確かに活躍、成功されてますよね。

活躍されてる分、多くの方に迷惑をかけると頭では分かっているのでしょうが、薬物に一度手を出すと、断つのは本当に大変なんでしょうね。

 

【お得情報発信】


友だち追加

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020 ななみ かんだ

コメント