【満月】12月12日 14:12

宮迫博之さん、闇営業問題が出てから記者会見までの星の動き

宮迫博之さんと亮さんの会見のあと、問題の時系列がテレビに出ていたので、トランジットの星の配置がどうだったのか、気になりまして拝見。

とくに、思考や判断に関わる水星を中心に見ていきたいと思います。

 

5月30
フライデーの直撃

 

トランジットの土星がネイタルの水星に90°

土星は動きが遅い星なので、今もこの配置は続いています。

人とのやり取り、伝え方を間違うと厄介な事になりがちな時で、逃げずに、問題に真摯に正面から取り組み説明しなくてはいけません。

そうしなければ、信用を落とす可能性があるとき。

方法がわからない時は、他の人のアドバイスに耳を傾けるといいですよ。

 

わたし

松本人志さんの「全部言った方がいい」とのアドバイスを真摯に受け止めてればと思います。

 

また、この時に起こることで、自分の態度や行動、考え方の問題をはっきり知るのに役立ち、変化が必要な領域を明らかにしてくれるでしょう。

 

6月7日
週刊誌に記事が掲載されたが、宮迫さんは「ギャラはもらってない」と発言。

 

トランジット金星がネイタル海王星に180°(赤)

自分の方が犠牲者だと演して、他者を騙し、自分をも騙しやすい時。

 

トランジット火星がネイタル水星90°(青)

言動に注意しましょう。

争いや舌禍を招きやすい時で、その結果、評判を落とすことになるでしょう。

 

トランジット水星がネイタルの木星に120°(緑)

自戒することができれば、困難な問題でも処理することができるでしょう。

 

トランジット水星がネイタル土星60°(桃)

態度や行動に必要な変更を行うのに良い時期です。

 

わたし

この時、誤魔化さなければ・・・という配置ですね

 

7月8日
社長に、引退でもいいので記者会見をしたいと伝える。

 

トランジットの水星がネイタル土星に90°

意志の疎通が難しい時で、特に、手強い相手との交渉は避けた方が良いとき。

誤解や物事の遅延が起こりやすいでしょう。

 

わたし

「会見は行うが、時期は、こちらで決める」との話から、動きがでたのが10日後の18日。遅いですよね。それも・・・

 

7月18日・19日
書面で引退会見か契約解除と告げられ、会社に行くと、Q&Aの練習を提案される。

翌日、宮迫さん、亮さんが会見。

トランジット水星がネイタル金星90°(青)

考え方の相違を知る時だが、相手が自分の考えをチャント理解しているか、確かめるのには良い時です。

 

トランジット金星がネイタル水星に90°(赤)

難しい交渉や議論は上手く行かない。

 

トランジット水星がネイタル天王星に60°(桃)

問題に対して、新しい角度からアプローチするのによい時です。

 

わたし

会社に謝罪会見できるよう交渉していたが、覚悟を決めて、自分たちで会見をしたという事が、流れを変えた感じですね

 

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019 ななみ かんだ

コメント