左右の手相が違ってると

 

私の手相の見方は、

効き手が現実の状態を表し、
反対の手が自分の内面や、
持って産まれた性格、
という風に見ます。

左右の手相、特に三大線の
生命線、知能線、感情線が、
ほぼ一緒の場合

人が認識している姿と、
自分の感覚とに、
あまりギャップはありません。

反対に、左右がかなり違っていると、

みんなが思っている私は、
本当の私じゃない!

という感じの葛藤が
生まれる場合があります。

 

例えば、

image235

 

右が効き手で表の顔、
左が自分の内面を表してる場合

この手相の持ち主は、
周囲の調和を大事にする人で、
あまり我を出しません。

どちらかというと、2番手タイプで、
トップの人の考えを叶えようとする、
縁の下の力持ち的な道を選ぶ人です。

そういう風に他者には認識されるし
実際に、そのような行動をとります。

 

しかし、内面を表す左手は、
そうは言ってません。

好き嫌いがはっきりしていて、
他人の目など気にすることなく、
自分の思うがままに人生を、
生きたいと願っています。

親しい人の中には、
これがこの人の本質だと、
分かってる人もいるでしょう。

内側の自分と外の自分の調和を計り
お互いの良さを融合させられれば、
その人の深みとなり魅力となる。

そんな可能性を秘めた手相です。

 
===============
 

LINEからご予約が可能です。
登録して頂くと、お得情報も届きます。
友だち追加数
 

 


占い ブログランキングへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。