天職についてるのだが・・・

 

自分の手相を観ると
よく思い出すのが
 
今から、14・5年程前に伺った
霊能力が凄い!と有名な
三宿のはんこ屋さんのこと
 
そこは、少し変わっていて
今まで使っていた判子を
持って行かねば観てもらえません

 

持っていた判子を
その方にお見せしたところ
 
君は新しい判子
必要ないから帰りなさい
 
と、速攻で言われ
 
はい、チャンチャン
 
で、帰らされそうになりました
 

 
私、粘りまして
 
それでも作って欲しいと
お願いしましたら
 

君は、君の人生を間違いなく生きている
 
このままの流れで全然問題ない
大丈夫だから必要ない

 
と、ある意味
有難いお言葉を頂き
 
その理由も教えて頂きました
 
その理由の中で言われた内容が
今の自分の状況そのまんまで
 
知らないうちに私、話したかしら?
 
って、思ったほど
 

それでも、わたし粘りました!
 
では、今より成功するための
判子を作って下さい!!!
 
と、お願いしましたら
 
またもや速攻で
 
無理だね!
 
と、あまりにも救いのない一言
 
君は、人を押しのけてでも
どうしても!!!
という強い思いが無いから
 
無理だね~

 

・・・・・(>_<)
 
背中から力が抜け
崩れ落ちそうになりながら
帰ったのを覚えています

 

そんな、三宿の判子屋さんの
おじさんを思い出す私の手相は
 

image89
 

中指に向かう運命線から
小指の下の丘に向け
 
財運線(赤)が伸びています
 
この手相は自分の天職で
楽しく満たされながら仕事をし
お金を得る相です

 

そうなんです

確かに三宿のはんこ屋さんが
言って下さったように
 
私は天職についてるらしい
 
と、手相にも示されている
 
そして、とどめに言われた言葉
「どうしても!」って思いの弱さ
 
それも示されているのです
 

それは、私の財運線の細さ・・・
 
細い財運線は意志や執念の弱さを表します
 
「この道で生きていく!」
 
という強い思いが薄い為
成功への道を閉ざしてる・・・
 
と、毎回自分の手相を観るたび
三宿の判子屋さんを思いだし
落ち込んでたのですが

 

手相は変わるのです!!!
 
どうしても(>_<)
 
という執念が弱ければ
持てば良いのです
 

この仕事で生きていく!
 
と、腹を括れば良いのです

 

これから日々、潜在意識に
植え付けていくぞ~

 

手相が変わりましたら
また、ご報告します(^^♪

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。