子宮筋腫になりやすい星の配置

 

子宮筋腫は、子宮にできるコブ状の良性の腫瘍で、成人女性の4~5人に一人がなるといわれる病気です。

命に係わることはありませんが、大きくなると直径10㎝ほどになることもあって、生理痛や月経量が多くなって貧血を起こす方もいらっしゃいます。

当店にお越しになる方も、何人かいらっしゃいます。

その方たちの出生図を拝見していると、子宮筋腫になる方たちには星の配置(占星術)やエネルギー(四柱推命)に共通パターンがあるようです。

 

 

こちらは、子宮筋腫が10㎝以上になり、今後の為を考えて、手術をなさった方の四柱推命です。

子宮筋腫の場合、生殖器や腎臓などを司る、水のエネルギーに乱れが出やすいようです。

乱れとは、強すぎても弱すぎても乱れます。

この方は、自身を示す「土」が強く、子宮などの生殖器示す、弱いエネルギーの「水」を攻撃しています。

 

次に占星術で見てみますと

 

 

健康運をみる6ハウスは天秤座 

天秤座の主星は金星 

金星は子宮や卵巣を司ります。

そこに、凶角があるとダメージを受けやすい。

この方の場合、健康運を見る時に重要な月  から90°の凶角です。

 

もう、お1人

 

 

出生時間が分からないのですが、生殖器を司る水のエネルギーは弱いですね。

 

占星術でみますと

 

 

この方の健康運を示す天秤座  の主星は金星  ですが、90°の凶角優性です。

 

他にも、同じような配置やエネルギーの方はいらっしゃるのですが、それでも、統計というには数的に弱いので、今後もチェックしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018 ななみ かんだ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。