相撲協会を星よみ

最近、何かとお騒がせの相撲協会。

どんな星の配置なのでしょうか?

 

 

女人禁制問題で色々物議を醸していますが、伝統を守り続けたい相撲協会。

それが星にもチャント示されていますね~。

 

伝統と保守を示す、山羊座  の太陽

その太陽に冥王星  が180°

他に迎合せず、徹底さを追求しますので極端になりがち。

 

金星  と土星 、海王星 がTスクエア。

他への繊細で愛嬌のある対応は、苦手っぽいですね~

 

太陽  が山羊座  で月  が双子座 

基本的性格は保守的で真面目なのですが、マイナスに出ると自己陶酔の傾向があり、尊大な発言をし、それが災いを招きます。

 

これが出てるのかな~

 

土星  と火星  が重なってます。

素晴らしい組織力

 

そこに拡大の星、木星  が調和しています。

スポーツへの適性と、社会的発展を示しています。

 

さすが、相撲協会のホロスコープです!

 

さて、移動中の星の影響はどんな感じでしょうか?

 

 

移動中の土星  が太陽  に重なってます。

大試練の時です。

やることが空回りしやすく、暗雲が頭の上にのってる感じです。

しかし、長期計画のスタートには最良の時期。

相撲の発展のために何が大切か考え、行動を起こすには、ある意味チャンスなのかもです。

 

海王星  が設立時の水星  に90°

現実の認識能力が落ちています

 

移動中の火星  が冥王星  に180°

権力闘争が起きる時。

この時の動きで大切なのは公明正大。

誤魔化しや不正は、後で逆襲が起きます。

 

逆行中の木星  が海王星  と金星  に90°

今、世間に自分たちがどう思われているか、把握する能力が落ちています。

 

伝統を守る精神は大切だと思います。

しかし、そこにバッシングが起きてるこの状況・・・

試練の時期に、大衆の心理や時代の流れに、順応が難しい星の配置も影響してるのかな~

 

 

 

 

 

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018 ななみ かんだ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。