羽生さんはオリンピックのとき天中殺

 

この前、算命学を使ってる方と羽生結弦さんのお話をしました。

試合の時、羽入さんは天中殺に入ってたので、怪我などもその流れなのかな~って心配してたんですよ。

しかし、金メダルでビックリしました。

と、おっしゃってて、算命学は勉強してないのですが、あの有名な天中殺。

そりゃ、困難な時期でしょう~くらいは想像がつきます。

その中で、勝てた運気の支援はあったのか、気になりまして、チェックしてみました。

 

ありました~~~(*^^)v

 

 

2018年2月17日の星の配置で、注目すべきは、やはり、スポーツに関係する火星。

太陽 = 
火星=

エネルギー、活力を表す火星が、自我の星、太陽にコンタクトを取ってます。

身体エネルギーが高まってるので、ハードな動きが出来る時と言いますか、したほうがこの強いエネルギーを有効活用できる時。

 

そして、ミッドポイント(ハーフサム)の指標が、これまたなかなかで。

 

 

木星/冥王星のポイントは、成功軸と呼ばれる場所。

ダメージからの再生を乗り超えることで、勝利を勝ち取るポイント。

そこに、金星という幸運の星がコンタクトしています。

 

金星って金メダルとリンクしていて、いい指標ですすよね(*^_^*)

 

そして、太陽/冥王星、太陽/木星のミッドポイントに太陽が絡んでいます。

太陽/冥王星=大きく発展
太陽/木星=好転

 

これらの影響が試合時のピンポイントに、功を奏したのですかね~

 

運も実力

って感じでしょうか(*^_^*)

 

 

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018 ななみ かんだ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。