星にも記されている自律神経が乱れやすい体質

 

我が子はチョ~ッと
自律神経が乱れやすい(^_^;)

季節の変わり目や
天気が乱れる時の気圧の変化に
とっても弱い。

雨が降る時は、
天気予報を見なくても
100%予知(?)できる!

頭痛がするから・・・

 

今朝も、これからの雨を
体でバッチリ感じているようで、

手足が冷たくなり
焦燥感と吐き気
口や鼻の粘膜の渇き
左腕の神経痛と頭痛。

バッチリ交感神経が過剰状態。

 

このような自律神経の弱さは
生まれた時の星の配置にも
印されています。

 

image713

 

これ、我が子のものです。

健康をみる部屋は6ハウス

その6ハウスに好ましくない星
土星 image496 が入っています。

この土星が頭を示す火星 image492 を
180度の凶角で刺激しています。

片頭痛出やすいわけです

 

この6ハウスの始まりは水瓶座 image387

水瓶座は自律神経を司ります

水瓶座の主星は天王星 image305

天王星は神経を示す水星 3 と
心臓や血液を示す太陽 image300 と
やはり180度の凶角。

う~~~ん(^_^;)

神経、痛めつけられてますね~

 

と、
ま~生まれ持った
弱さを持っていますが・・・

それでも人は変われます!

自分の弱点を理解し、
それを踏まえて
生活を改善する事で
変われるのです!!!

 

ですので、
私も母として整体師として
アドバイスはしているのです・・・

しかし・・・

これが中々(>_<)

 

自律神経を整えるには

早寝早起き
適度な運動
食事のバランス

と、ま~

基本中の基本のような事ですが
この基本をさせるのが大変で。

 

①の早寝早起きですが

オタクの我が子は
これが困難・・・

無理!!!

と、宣言されております(^_^;)

ほんとに、
よっぽど体が辛くならないと
12時前には寝ないですね。

 

②の適度な運動

年に1回位でしょうか・・・

スイッチが入ったときのみ、
走ったり、泳いだりを数回する程度。

犬の散歩で歩く位ですね。

 

③食事のバランス

これは、母である
私の比重が大きいですね。

自律神経、とくに交感神経を
鎮める栄養素は

 ビタミンB群
 ビタミンC
 ビタミンE
◆ カルシウム
 マグネシウム

 

ビタミンB群精神の安定

ビタミンCホルモンの生成を促し。

カルシウムやマグネシウムは
神経の興奮を抑える効果があります。

 

ビタミンB群は豚肉や青魚に
多く含まれています。

ですので、今日は
今が旬のサンマを食卓に!

 

image220

 

カボスと大根おろしを添えて。

大根は酵素がタップリの食材。

胃腸の不調を整えてくれます。

カボスでビタミンCを補充。

 

今が旬で美味しいサンマ。

ガッツリ食べてもらって
交感神経を整えてもらいましょうかね。

 

 

からだを整え開運を目指す

メニュー
お申込み

占い鑑定ご希望の方

お申込み

LINEでも、ご予約可能です♪


友だち追加数

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2015 ななみ かんだ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。