受精日をお調べし、妊娠率を高めるためのお手伝いをさせて頂きます。

 

受精しやすい日として、排卵日がありますが、それとは別に星々のエネルギーを受け、子宝縁が高まる受精日サイクルというものがあります。

ポイントは太陽と月!

太陽と月の動きをチャックし、あなたのお体が受精しやすい時をお調べします。

 

しかし、この計算だけでいきますと、毎月、受精日があります。

毎月、チャンスがあるのは良いことですが、可能な限り受精の確立を高めたいので、次に、その受精日を元に、出産予定日をお調べします。

その、出産予定日に、お子さんとのご縁が強まる配置か、お調べするのです。

この場合、男性側の出生日時も判ってると、さらに確率の高い日が絞り込めます。

 

では、どのようにお調べするか、ご説明したいと思います。

 

 

このホロスコープは、以前、受精日計算をさせて頂いた方のものです。

了解を得て、使わせて頂いています。

 

この女性の太陽と月の間隔をお調べし、この度数と同じになる日時をお調べします。

その日は、その当時の、10月19日09:13でした。

この前後で受精した場合、出産予定日は、翌年の7月11日。

その前後2・3週間が範囲となります。

 

次に、その予定日にお子様が授かる配置になっているか、お調べします。

(奥様)

 

(ご主人)

 

星の配置の法則は、火星と木星、土星がそれぞれ、子供や出産を示す5室と9室に、アスペクトしてるかどうかをチェックします。

そして、月はそれプラス、月とASCにアスペクトしてるかも調べます。

 

このご夫婦は、お二人とも妊娠予定日の星の配置が、お子様とのご縁を示していました。

ですので、先に導き出された、受精日をお伝えしたところ、見事、妊娠なさり、出産は、7月7日七夕の日。

嬉しい限りです(*^_^*)

 

しかし、このご夫婦のように星の配置は良くても、全ての方たちが妊娠、出産に、成功するわけではありません。

中々、結果に結び付かない事もあります。

しかし、1%でも確立が上がるお手伝いが出来ればと思っています。

 

PS:
上記の方の例の場合、出生時間がわかっているので、太陽と月の角度をお調べできましたが、出生時間がハッキリわかってない方もいらっしゃると思います。その場合は、女性の出生前の新月を使って、受精日をお調べします。

 

料金

1年分 = 6,000円

お申込み

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

生年月日(必須)

生まれた時間(分かりましたら)
  

生まれた場所(必須)
  

メッセージ本文

確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016 ななみ かんだ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。