ほうれい線を造らぬ為には、これが大切

年齢と共に唇ってしぼんで来ますよね
 
漫画で、お婆ちゃんを書くと
お口周りに縦ジワを書きますよね
 
梅干しの様な口
 
一発で老け顏を表現出来ます
 
そんな、唇にならぬ為
今から対策とらねば!です
 

唇の筋肉は口輪筋と呼ばれる丸い筋肉
 

kao-kin

ピンクが口輪筋

目の周りの眼輪筋(黄)と

口輪筋は頬の筋肉で繋がれてます
 

頬のお肉がたるむと
ダイレクトにほうれい線は出来ますが

口輪筋がしぼむと下からの支えが無い為
頬の筋肉も下に落ち、たるみとなって
ほうれい線が出来てしまいます

また、目も一緒に落ちてきます
 

土台をビシッと強くして
頬肉を押し上げねばなりませぬ

その大切な土台である唇

実は、年齢のサインが
一番最初に出始める所なのです
 

どこの場所よりも早く
コラーゲンエラスチン
減少してしまうのです
 

そのうちね~

なんて悠長に構えてる場合じゃないですよね
 

萎んでしまってからでは駄目です

即、対応していかねば!
 

唇がやせて萎むのを防止する為には
カルシウムが必要なんです

カルシウムって言うと
骨ってイメージですが

筋肉にも大切な成分なんです
 

カルシウムが不足すると
筋肉の弾力が失われ痩せて縮み始め

「しぼみ唇」へと進化(?)してしまうのです
 

そのカルシウムを効率よく吸収する為には
ビタミンDとマグネシウムが必要です

ビタミンDとマグネシウム

これらが不足すると
カルシウムが十分に吸収されないのです
 

ビタミンDを多く含む食材って
あまりないのですが

しかし、人の体は偉大です!

食材が少なければ自分で作れば
良いじゃんとばかりに

自分の皮膚で作れるのです

日中、紫外線に15分当たれば大丈夫

必要なビタミンDは供給できます
 

次にマグネシウムはといいますと

そばのひまごとまごわやさしいかい?なっとく

らしいです

なんのこと?って感じですが

そば・・・蕎麦
の ・・・海苔(青のり)
ひ ・・・ひじき
ま ・・・豆類
ご ・・・五穀米(玄米)
と ・・・豆腐
ま ・・・抹茶、マカダミアンナッツ
ご ・・・ごま
わ ・・・わかめ
や ・・・野菜
さ ・・・魚
しい・・・シイタケ
こ ・・・昆布、ココア
か ・・・牡蠣
い ・・・イモ類
なっ・・・納豆
と ・・・とうもろこし
く ・・・くるみ

これらが、多い食材

これらだったら、少し気をつければ
充分、摂取できそうですよね
 

昔ながらの日本の食事って
バランス取れてたのね~

と改めて思います
 

毎日の食事を少し意識して
ウルウルプルンの唇目指し

ほうれい線対策いたしましょうね~